「怪獣公園」ー恐竜の像が何体も置かれたユニークな公園。小さいけれど遊び方は無限大ー千葉県流山市

流山市野々下に「怪獣公園」と呼ばれるユニークな公園があります。正式名称は「コミュニティ第2児童公園」ですが、どこからどう見ても「怪獣公園」です。

1番大きな恐竜。近くを走る子と比べてみると大きさがよく分かります。鬼ごっこの途中だったようですが、恐竜から逃げているように見えますね。

赤い目で子ども達を狙っているみたい。近づいてみると結構リアルです。

街の中に迷い込んできたような恐竜。小さな公園に置かれているとは思えない格好良さです。

こちらはだいぶ可愛らしい恐竜。

これはトリケラトプスでしょうか。

公園の入り口には、この恐竜が立っています。

高低差がある公園は、丘を利用してコンクリートの滑り台のようになっています。

坂に沿って近未来的なオブジェの付いた雲底がありました。色々とユニークです。

すり鉢状になった下は大きな砂場になっています。遊び慣れた子ども達は恐竜には見向きもせずに、必死で鬼ごっこをしていましたが、とっても楽しそうでしたよ。

こんな可愛らしい像も紛れ込んでいました。

こじんまりとした公園ですが、楽しみがギュギュッと詰まっています。近くに住んでいる子が羨ましくなるような、とってもユニークで遊びが広がる公園です。

ーーーーーーーーーーーーーー

住所:千葉県流山市野々下2

駐車場:なし

コメント